収益稼働率にこだわるアパート経営

資産形成の手段として行われている投資には様々な種類があります。株式やFXといった金融商品や不動産投資などです。株やFXは少ない金額から始められるので、サラリーマンなどが行うことも多い投資方法になります。不動産投資はアパートやマンションといった不動産を所有して、家賃収入を得たり売却して利益を得たりする投資方法のことをいいます。不動産投資の中でもアパート経営は、長期間にわたって安定収入が期待できる投資方法です。株やFXなどは暴落するリスクを孕んでいますが、不動産は値下がりするリスクが低いとされています。また、同じ不動産でもマンションに比べると比較的投資額が少なくて済むというメリットもあります。これはマンションの方が造りがしっかりしているため、建築費用がかかるからです。

築年数が経過しても需要のあるアパートを

アパート経営は、ただアパートを建てたからといって成功するわけではありません。所有しているアパートに入居してくれる人がいなければ、家賃収入を得ることができないからです。人気がある物件かどうかは駅からの距離や周辺環境などによっても左右されますし、メンテナンスが行き届いているかどうかなどもポイントになります。それから周辺のニーズと合っているかどうかも重要です。例えばファミリー層が多い地域にワンルームのアパートを建てた場合、周辺のニーズと合わないために空き室になってしまうといったこともあります。また、新築のうちは真新しいので入居者もすぐに決まりますが、古くなってくるとなかなか入居者が決まらないといった問題も出てきます。ですから、築年数が経過してもある程度需要があるアパートを所有する必要があります。

入居率よりも収益稼働率が高いことが重要

アパート経営を行う際には、収益稼働率にこだわった物件を選ぶことが大切になります。収益稼働率とは、入居率とは異なる指標です。入居率はその名の通り、アパート全体の個数に対して入居している世帯の割合を示す数字になります。入居率が高ければ家賃収入も増えるので収益も大きいように思われますが、必ずしもそうとは限りません。入居してくれる人がいないため相場よりも安くせざるをえなかったといった場合には、入居率は高いもののさほど利益が出ていないといったことがあるからです。入居率に対して収益稼働率とは、新築の時の家賃設定が年数を経ることによってどれだけ落ちていくのかを集計した数字になります。収益稼働率が高い物件ほど年数が経過した後も、高い収益を期待することができます。

アイケンジャパンのアパートの配置には「こだわり」があります。 劣化対策等級<等級3>を取得できた、頑丈な物件でメンテナンスコストの抑制をいたします。 当社は【土地が無くてもできるアパート経営】をご提案しております。 経営に関する心配ごともアイケンジャパンで安心に変わります。 アパート全てが完成した後もあらゆるサポートをしております。 アパート経営をお考えの方にはこちらのページがイチ押し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加