個人事業主としてアパート経営する

不動産投資が注目を集めています。投資対象の物件を購入する際に、その対象物件を担保にして資金を金融機関から融通してもらうことができるため、これ以上ないレバレッジ効果を享受することができる点と、安定した不労所得を得られるとして、サラリーマンの方が副業として実施するケースが増えてきています。 ただ、最近は不動産投資を専門とした個人事業主の方が結構増えてきています。特によく見られるのが、アパート経営をする方です。アパート経営では、一棟のアパートをすべて不動産賃貸物件として活用するケースが多くみられ、大きな資金が必要になると考えられることが多いですが意外に小規模な資金で投資を開始することができることやそのほかのたくさんのメリットを享受できる点から人気が増えてきています。

アパート経営の魅力と特徴について

アパートを用いた不動産投資の魅力といえば、複数の居室を貸出することができるため、全くの収入ゼロという状況を防ぎやすくなるという点にあります。最近はやっているワンルームマンションの経営をすると、その居室に入居者が入らないと、一気に収入がゼロになってしまいます。一方、アパートの一棟管理なら、すべての居室に入居者が確保できなくても、ある程度の安定した入居者を確保することで、収入が全くないという状況は比較的避けやすくなります。 また、比較的小規模の資金で物件を購入することができる傾向にある点も見逃せません。一棟買いとなると相当大きな資金が必要になりそうな印象を持たれがちですが、物件の質や種類にもよりますが、比較的少額で購入をすることができるため取り組みやすいです。

個人事業主と法人としての運営の

アパートの経営管理を個人事業主として実施する方が増えてきています。いわゆる脱サラと呼ばれるもので、以前は企業に勤めていたサラリーマンの方が退職をして個人として経営に参画するというケースが増えてきています。それだけ安定した不労所得を得られる可能性を持った手法だという点で注目されています。 個人事業主のままで経営を継続するか、法人化してしまった方がいいのか、迷う方が多いといわれています。法人化したほうが税制面での優遇を受けられる項目が増えるために考慮されているのですが、実際はある程度の規模の収益をあげられている方でないとそれほど大きな税制面での利益は享受できません。一般的な目安として、年間賃貸収入が3億円を超えるような規模になってきたら、法人化を検討したほうが良いといわれています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加