PETの仕組みと費用

ポジトロン断層法とはポジトロン、つまり陽電子を利用した断層撮影法のことでPETと省略されて呼称されています。
ジャンル的にはCTやMRIと似ていますが、達成できる目的は異なり、PETの場合は生体機能を調べるために利用されます。
最近では癌を発見するための効果的な方法として注目を集めています。
特にこれまで以上に早期の発見ができる可能性を持っています。
放射線が発生するため、いくらかの被曝があり、特に医療関係者など使用者側に被曝量に関する注意が必要とされています。
ポジトロンの撮影方法はまず体内に撮影機が感知するための薬剤を投与します。
そして、この薬剤の分布状況を撮影することにより内部の状態が把握できるという仕組みです。
元々は脳機能などの中枢神経の様子を診断するために用いられていたようですが、この技術を応用して癌診断のためにも用いられています。
がん細胞を発見するためにはがん細胞の特徴を利用します。
がん細胞または組織はブドウ糖の代謝が通常よりも活発です。
このブドウ糖の含まれた薬剤を投与し、その結果ブドウ糖の吸収が速く放射線の量が高い場所を特定することで癌の早期発見を行うことができます。
これまではがん細胞がある程度大きくならなければ感知できなかった事がポジトロン撮影法により、よりがん細胞の小さい段階に発見することができます。
がん細胞は最盛期に入るとどんどん大きくなり発見も容易ですが、遅い発見は手遅れになってしまったり治療の成功率も低くなってしまいます。
PETはがん細胞の早期発見、早期治療を実現することで健康状態を維持することができ、手遅れになってしまうことを防ぐことができます。
またPETは同じ癌でもその癌が活動的かどうかということも把握することができます。
たとえばX線による写真撮影の場合は癌の形は見えてもその悪性具合は見て取ることができません。
癌の大きさだけでなく活動状況も把握できることにより、治療方法に関しても最善の選択をすることができます。
ポジトロン撮影法は癌の早期発見のうえで素晴らしい方法ですが、それによって100パーセントの診断ができるというわけではありません。
またPETでも感知できないくらいの小さながん細胞も存在しますし、一方で胃がんの一部など悪性のがん細胞として存在していても検出されにくいタイプのものもあります。
PET検査にかかる費用は検査項目やコースによって異なります。
今は国民健康保険での適用も可能になっているため以前よりは負担額が少なくすみます。