PETはがん早期発見に役立つ?

がん検査といえばよく聞くのがPET検査という方法です。
PETはpositron emission tomographyの略で日本語でいうとポジトロン断層法と訳されています。
触診やそのほか外的要因からがんの疑いをもち、その後精密検査に移る旧来のがん検査とは異なり、陽電子検出を利用し、コンピューターに人体内部の断層撮影を行う技術をポジトロン断層法と呼びます。
細胞組織の変異を観察するためのCTスキャンやMRIとは異なる検査法で、生体の機能を観察し、異常を発見することに特化した検査方法です。
PETががん診断医使われるようになったのはごく最近で、腫瘍内部の糖代謝の異常値を検出することでがんの診断に利用されています。
なぜ糖代謝を異常とみなすかですががん組織の多くがブドウ糖の代謝が盛んであることが発見されているからです。
ただしもともとブドウ糖の代謝が盛んな脳細胞や、そもそもブドウ糖が排出されてしまう腎臓系のがん細胞に関しては感度が悪いことも欠点としてあります。
良性腫瘍も陽性であると判断される可能性もあるようです。
がん組織の外部からのX線照射による身体全体の把握を特徴とするCTスキャン検査法とはことなり、PETはポジトロン=陽電子を放出することによって生体分子の分布や代謝を、放射能の分布の仕方や時間的な変化をパソコン上に描出する方法ですから、細胞の細かな畳まで調べることができ、がんの発見率を飛躍的あげることができます。
しかし放射線を使った検査性質上、被ばくします。
しかし被ばく量自体はCTスキャンに比べて少ないというデータがあります。
現在ではCTとPET双方の利点を生かすために、両者を一体化した装置がうみだされており、がん診断の際に双方を重ね合わせた画像を使う手法も生み出されています。
ここでPET装置について少し触れたいと思います。
PET装置の外観はCTスキャンの小型版のようなフォルムをしています。
ベッドの先にドーナツ状の筒があり、検査の際はそこに人体を通す形です。
装置の内部は、ドーナツ状の枠に、人の体の周りを囲むように配列されたたくさんのガンマ線検出器と2個の光子の信号を組み合わせた同時計数回路で構成されています。
ガンマ線検出器のうち2個が同時にガンマ線を検出したとき、つまり人体の内部でガンマ線が何らかの原因によって途切れたとき、これを異常とみなします。
そのようにしながらコンピューターによって画像処理が施され、立体的な画像(三次元画像)を作成します。
立体的な画像が作られることで検査部位の詳細がわかりますし、ピンポイントでの検査・手術が可能となります。